ローカライズがゲーム翻訳の重要な鍵になる理由

ゲーム翻訳を行うにあたり、その国の文化に合わせる形のローカライズが需要な役割となります。それは、国によっては習慣や文化が大きく異なり、たとえ日本では問題の無いことでも国によっては禁止されていることがあるからです。そのために、ゲーム翻訳には細心の注意が必要となります。それと共に、翻訳する国ごとに詳しいスタッフが必要となるものです。風習や文化に触れることによって、どこをどう仕様変更すべきかを的確に判断できる人材が、ゲーム翻訳会社には必要となります。その上で初めて、ローカライズを行うことが可能となるものです。単なる知識としてではなく、できれば現地に滞在してそこでの生活を行うことによって、肌で文化を感じることのできた人材であればどのようなゲーム翻訳会社でも欲しいと思うものです。また、そのような人材の揃った会社には多くの注文が集まることになります。今や世界を席巻しているのは、アメリカのゲームです。それは見事にローカライゼーションされたものであり、高い戦略性で提供されているものとなります。日本のゲームはこれまであまり、海外へ積極的に売り出すことは考えてはいませんでしたが、これからはローカライズを意識してのゲーム翻訳を基盤として、世界戦略を立てることが必要となってきます。そのためにも、豊富な海外生活の経験を持つ異文化に精通した人材が多く求められるようになりますし、その育成も行われるようになると見られています。

本当に必要なゲーム翻訳の知識とは

ゲームの海外進出を進めるために行うゲーム翻訳に求められる知識は、何も言語に関するものだけでは無いものです。ゲームというものは色々な表現方法が取られているものですが、それをそのままどの国にでも持ち込めるというわけでは無いのです。国によって風習は異なりますし、宗教的な背景で禁止されているものもあります。そのような国ごとに異なる風習や文化に精通していることも、ゲーム翻訳には求められるのです。表現方法や、場合によってはルールそのものも変更を施す必要も出てくるものです。手間はかかりますが、ゲーム市場という点で見ると海外は大きな可能性を秘めているものです。しかもスマホのアプリであれば簡単に配信することができます。国ごとに流通を確保する必要はありませんし、また在庫を抱える心配も無いわけです。そのためにアプリ開発会社ではゲーム翻訳を行える会社を必要としています。特に国ごとに詳しい文化に精通したバイリンガルな人材を抱えるゲーム翻訳会社は人気があります。問題なく安心してアプリを配信できるように、その人材確保も早急に必要とされているわけです。そのために、海外での生活経験を持つバイリンガルな人材は非常に重宝されます。その能力を活用することによって、初めて海外での市場開拓が可能となります。同時に海外でもそのような人材が求められていることも忘れてはいけないことです。そのような経験や知識は、そう簡単には身につけることができないからです。

ゲーム翻訳で重要な異文化理解とローカライゼーション

ゲームを海外に輸出する上では、考慮すべき課題があります。例えば日本では特に問題の無い表現であっても、国によっては大きな問題となるケースがあるのです。例えば日本では格闘もので流れる血は赤いものですが、アメリカではそれは問題視されます。このように、ゲーム翻訳を行う上では異文化理解が必要となるわけです。けれどもそれをきちんとクリアすることによって、ローカライゼーションという形でそれぞれの国に適したゲームとして翻訳し流通させることができるようになります。特にスマホアプリの配信という形を取ることによって、流通経路を確保する必要もなく、またパッケージソフトのように輸出したり在庫をストックする場所を確保する必要も無くなるわけです。つまりコストをかけることなく大きな市場にゲームを流通させることが可能となるわけです。このように無限とも思える市場にゲームを導入するために、ゲーム翻訳会社の需要が急増しています。これまでには特に確立されることのなかった組織だけあって、その数は十分とは言えない状況です。さらにそこで作業を行うバイリンガルの数も不足しているのです。その人材に求められるのは、言語におけるスキルだけではなく、異文化に対する知識もあります。どのように国ごとに仕様を変えていけば良いのか、その知識や経験が必要とされているのです。その人材の能力を確保することによって、ゲーム翻訳会社は異文化理解とローカライゼーションを進めることができるようになります。